FC2ブログ
カレンダー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ +

2018年 12月 【6件】
2018年 11月 【17件】
2018年 10月 【15件】
2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【17件】
2018年 07月 【12件】
2018年 06月 【13件】
2018年 05月 【18件】
2018年 04月 【16件】
2018年 03月 【19件】
2018年 02月 【19件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【14件】
2017年 11月 【21件】
2017年 10月 【16件】
2017年 09月 【29件】
2017年 08月 【13件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【14件】
2017年 05月 【29件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【31件】
2017年 01月 【26件】
2016年 12月 【14件】
2016年 11月 【20件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【31件】
2016年 08月 【25件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【33件】
2016年 05月 【39件】
2016年 04月 【31件】
2016年 03月 【34件】
2016年 02月 【31件】
2016年 01月 【28件】
2015年 12月 【25件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【24件】
2015年 09月 【21件】
2015年 08月 【14件】
2015年 07月 【17件】
2015年 06月 【23件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【11件】
2015年 03月 【26件】
2015年 02月 【23件】
2015年 01月 【22件】
2014年 12月 【37件】
2014年 11月 【29件】
2014年 10月 【30件】
2014年 09月 【17件】
2014年 08月 【17件】
2014年 07月 【23件】
2014年 06月 【23件】
2014年 05月 【27件】
2014年 04月 【24件】
2014年 03月 【22件】
2014年 02月 【30件】
2014年 01月 【15件】
2013年 12月 【21件】
2013年 11月 【28件】
2013年 10月 【16件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【8件】
2013年 07月 【8件】
2013年 06月 【15件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【11件】
2013年 03月 【10件】
2013年 02月 【10件】
2013年 01月 【2件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【14件】
2012年 10月 【12件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【26件】
2012年 02月 【15件】
2012年 01月 【3件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【15件】
2011年 09月 【5件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【7件】
2011年 05月 【14件】
2011年 04月 【17件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【12件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【2件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【16件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【25件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【13件】
2009年 12月 【12件】
2009年 11月 【20件】
2009年 10月 【21件】
2009年 09月 【21件】
2009年 08月 【18件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【16件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【20件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【7件】
2008年 10月 【6件】
2008年 09月 【5件】
2008年 08月 【18件】
2008年 07月 【5件】


それより以前は↓
★猫の目スチル(旧館)
(2004~2008)
カテゴリー
機材別カテゴリ
プロフィール

みけ

Author:みけ
FC2ブログへようこそ!

カラークロームエフェクト


FUJIFILM X-T3/XF 80mm F2.8 R LM OIS WR Macro

秋のバラフェスティバルが始まった旧古川庭園にて。真紅のバラの「熱情」。
GFX 50Sで初搭載され、X-T3にも盛り込まれた「カラークロームエフェクト」の効果がどんなものかと、色飽和をおこしそうな被写体、特に真っ赤なバラの花なんかはおあつらえ向きだろうと思い試してみました。
上がカラークロームエフェクトON、下がOFFにして撮ったもの。シャッタースピードと絞り固定で同じ露出で撮ってるんですが、一見すると上のほうが露出下げて撮ってるようにも見えますね。公式説明ではカラークロームエフェクトについて ~彩度が高く階調が出にくい部分に深みのある階調表現を加える~ とありますが、確かに一目で分かる違いが出ています。

 


“カラークロームエフェクト”の続きを読む>>
カメラの話題 | 【2018-10-11(Thu) 22:50:17】 | Comments:(2) | Trackback:(0)
Spindle

PENTAX K-1 Mark II/SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG

X-T3、発表されてからあっという間に発売になりましたが、当初はスルーするつもりでした。
でもX-T2の露出補正ダイヤルが不具合でセットした位置にいかないのがどうにももどかしく、T3のスペック詳しく見ていくうちにだんだん欲しくなってきて…。発売日過ぎてからカメラ屋さんにT2の下取り見積もってもらったら不具合申告しても上限価格で買い取ってくれるとの事で、入れ替わりで買うてしまいました~。

…まぁシルバーが欲しかった、というのもあります(^^;
背面のMade in Japanが消えてあれ?どこにも表示が無い?と思ったら、可動液晶の裏面にささやかにMade in Chinaの記載が。まぁ自分の場合日本製の時から浸水やらダイヤル不具合やらあったのでさして気にしないです。質感は初めてのシルバーというせいもあるのか、むしろT2より良くなってるようにも。白っぽ過ぎず、グレー過ぎず、マット過ぎず、テカリ過ぎずのシルバー色はなかなかいい感じ。
操作系はほぼX-T2と同じなんですが、右上軍艦部の前後ダイヤルがT2よりも回した時のクリック感がだいぶ固めに変わってます。自分は前のくらいのほうが楽に回せて良かったんですが、逆にタッチが軽すぎるという意見が多かったんでしょうか。ちょっと指先意識して操作してやる必要あり。使い始めや個体差の問題もあるんですかね、気になる方は展示実機でご確認を。





“ Spindle”の続きを読む>>
カメラの話題 | 【2018-09-30(Sun) 21:18:28】 | Comments:(4) | Trackback:(0)
むむっ

PENTAX K-1/smc PENTAX-DA☆ 55mm F1.4 SDM

デジカメinfoにDPReviewのK-1 Mark II レビューの訳が載ってますが…流石におかしいと思ったので。
タイトルからもなんとなく想像つきましたが、これただ単にNRオンの状態で撮ってるからじゃないか?って気が。
CP+の時に書いたように、係の人の話ではRAW画像もアクセラレータ通してるので元からNRオフならば強制的にNRがかかる事なんてないだろうし、初代K-1とともにNRオフ設定で撮られたブース展示の高感度部分拡大比較では全く解像感が損なわれていなかったので。
NRオン設定の場合RAWで自動的にかかってしまうのが解除できない、ってのはおそらく上記理由からそういう仕様なのかもしれないしだとしたら問題ですが、オフにした場合の比較画像も載せて欲しいしちゃんとそこへの言及が欲しいですね。一括りに「画質が悪くなっている」ってのはちょっと酷過ぎる。
もしそういう理由があるとしたら初代K-1ずっとNRオフで使ってる自分からしたら全く該当せず的外れな指摘だし、デメリットは何もない…はず。そもそも回路パワーアップした後継機が如実に画質悪くなるわけがなかろう!(怒)って話ですよ(^^; 仕様を理解した使い方をしていれば。 

 

カメラの話題 | 【2018-05-10(Thu) 21:11:45】 | Comments:(0) | Trackback:(0)
緑なす野川

FUJIFILM X-T2/XC 15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ

FUJIFILM X-T2のファームウェア4.00が公開 - デジカメ Watch

フジからのメールで告知が来ましたが、一桁verアップでまた色々と機能が拡張されましたね。
主だったのはフォーカスブラケットの追加ですが、X-T1から使っててフジミラーレスのピント精度はF1.2レンズであっても寸分の狂いも無い、…と言っては言い過ぎかもしれませんが(^^; 自分はブラケットは全く必要性感じないんですよね。そのくらい凄まじい精度。 何に比して、というとレフ機なわけですが、それこそそっちの機種に搭載して欲しい機能だったり。。


 

カメラの話題 | 【2018-05-09(Wed) 23:21:26】 | Comments:(0) | Trackback:(0)
新拠点

FUJIFILM X-T2/XF 14mm F2.8 R

本日丸の内にオープンしたフジフイルムイメージングプラザ、帰りに立ち寄ってきました。
ちょい残業で着いたのは閉館間際。。でも仕事帰りに歩いて行ける距離に出来たのは嬉しい(^^)
内部の第一印象としては、小ぶりなギャラリーとシンプルなサービスカウンターで六本木のフジフイルムスクエアのミニ版…といった感じ。でも係の人に話を聞いたら、検査機材は向こうより高性能な物も導入してるらしく、点検サービスなんかはこちらで頼むのもいいかもしれないと。あと写真展は今は向こうは写真家さんの単独の展示でこちらは企画展示、と今後もそれぞれ趣向を変えていく方針だそうで、そこはリコイメの新宿と銀座みたいな違いですかね。
六本木は場所的にちょっと行きにくいんで、自分はこちらを利用する事が多くなりそうです。

カメラの話題 | 【2018-04-28(Sat) 22:50:32】 | Comments:(2) | Trackback:(0)
次のページ
ブログ内検索
My Photo Album
BLOGPEOPLE
PENTAX PEOPLE






↑PENTAX K-1、KP TBPに参加してます♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード