FC2ブログ
カレンダー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ +

2019年 05月 【2件】
2019年 04月 【1件】
2019年 03月 【4件】
2019年 02月 【8件】
2019年 01月 【22件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【17件】
2018年 10月 【15件】
2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【17件】
2018年 07月 【12件】
2018年 06月 【13件】
2018年 05月 【18件】
2018年 04月 【16件】
2018年 03月 【19件】
2018年 02月 【19件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【14件】
2017年 11月 【21件】
2017年 10月 【16件】
2017年 09月 【29件】
2017年 08月 【13件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【14件】
2017年 05月 【29件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【31件】
2017年 01月 【26件】
2016年 12月 【14件】
2016年 11月 【20件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【31件】
2016年 08月 【25件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【33件】
2016年 05月 【39件】
2016年 04月 【31件】
2016年 03月 【34件】
2016年 02月 【31件】
2016年 01月 【28件】
2015年 12月 【25件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【24件】
2015年 09月 【21件】
2015年 08月 【14件】
2015年 07月 【17件】
2015年 06月 【23件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【11件】
2015年 03月 【26件】
2015年 02月 【23件】
2015年 01月 【22件】
2014年 12月 【37件】
2014年 11月 【29件】
2014年 10月 【30件】
2014年 09月 【17件】
2014年 08月 【17件】
2014年 07月 【23件】
2014年 06月 【23件】
2014年 05月 【27件】
2014年 04月 【24件】
2014年 03月 【22件】
2014年 02月 【30件】
2014年 01月 【15件】
2013年 12月 【21件】
2013年 11月 【28件】
2013年 10月 【16件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【8件】
2013年 07月 【8件】
2013年 06月 【15件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【11件】
2013年 03月 【10件】
2013年 02月 【10件】
2013年 01月 【2件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【14件】
2012年 10月 【12件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【26件】
2012年 02月 【15件】
2012年 01月 【3件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【15件】
2011年 09月 【5件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【7件】
2011年 05月 【14件】
2011年 04月 【17件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【12件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【2件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【16件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【25件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【13件】
2009年 12月 【12件】
2009年 11月 【20件】
2009年 10月 【21件】
2009年 09月 【21件】
2009年 08月 【18件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【16件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【20件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【7件】
2008年 10月 【6件】
2008年 09月 【5件】
2008年 08月 【18件】
2008年 07月 【5件】


それより以前は↓
★猫の目スチル(旧館)
(2004~2008)
カテゴリー
機材別カテゴリ
プロフィール

みけ

Author:みけ
FC2ブログへようこそ!

CP+2015@リコーブース

FUJIFILM X-T1/XF 35mm F1.4 R (+C-PL)

今年のCP+も例年同様、自分の手持ち機材に関わりあるブースしか見てません(^^; よってほとんどフジ、リコー、シグマの3社。
ペンタブースはやはりこれ、開発中のフルサイズ一眼レフのモック展示に注目集まってました。
付いていたのは現行のFA31mmブラック、これがこのサイズに見えるということは…まぁ大体そんな感じの大きさですね。











背後から見た図。まだまさに「木型(きがた)」を意味するモックアップの状態というか、のっぺりとした外観だけですね。
ペンタ部と背面モニタが何か特徴がありそうな形、ということでそのへんに“秘密”があるような事をトークイベントで
ほのめかしてました。
モニタがもしデタッチャブルになったりしたらタイムラグとか大丈夫なのかな?
ペンタ部の中にどんなモノが入りそうなのかは話の流れからなんとなく予想できないでもないですが…(^^;



FUJIFILM X-T1/XF 23mm F1.4 R

ステージイベントは田中希美男氏と洲崎秀憲氏のトークをそれぞれ拝聴しました。
開発中の超解像技術について解説しているところ。
自分は「超解像」というとX20、30の超解像ズームのイメージがあったので期待せず聞いてたんですが、どうも全く違うもののようで。
SR機構をピクセル単位で正確に精密駆動させることで、一つの画素にRGB三つ分の色情報を盛り込む(で合ってるかな?)
それで得た膨大なデータから画像を生成して解像力を上げる…といったもののようです。
この作例比較は本当にビックリするくらいONにしたものの方が解像感がありました。
今のところ三脚使って固定して撮るのが前提で、それが手持ちでできるようになるかは…まだ不明。




洲崎氏のトークは新型のDFA☆70-200mmと、DFA150-450mmを使って撮った飛行機写真をひたすら展示解説。
見た事ないロケーションのガチピンの飛行機写真の連続にただただ圧倒されました。
これはDFA150-450mmにHDテレコン装着して撮った写真を拡大解説してるところ。
DFA150-450mmの300~400mm域はHDテレコン装着のDA☆300mmを上回る画質で、400~450mm域はそれと同等の画質、
という説明には驚きました。それで☆じゃないのって一体…って感じですが(^^;




タッチ&トライでDFA150-450mmを操作する事もできました(^o^)
まず手持ちのカバンに入るかどうか…と気になってたのでフード逆付けで試しに入れさせてもらったら苦もなくスッポリ収納。
しかし長さはともかく太い!そして重い!こりゃー無理やわ…と初め思ったんですが、BG付きのK-3に装着してから構えてみると
意外にも手持ちも結構イケそうな感じ。三脚座付きのせいもあるのか、左手でレンズ支えたハンドリングはなかなか良好。
だけどズームリングの操作が相当に重かったです。まだ調整前の状態なんですかね、これでこのまま出たらちょっと困るくらいの渋さ。
DCモータによるフォーカススピードは手持ちのDA☆60-250のSDMと同じくらいに感じました。




そしてK-S2の実機もタッチ&トライでチェック。
カラーを一通りチラ見した後、自分ならコレかなと気になっていたストーングレーを操作。
まず持ってみた第一印象はK-S1よりも確実に重いという事。グリップは予想以上に深めに感じました。
シャッター音はK-S1同様かなり賑やか。




ペンタ一眼初のバリアングルモニタはやはり以前使ってたOptio 750Zと同じタイプでした。
ハイアングルとローアングルで使うためには一旦完全に横に開いてから回転させてやる必要あり。
X-T1使ってると自分の使い方ではチルトタイプのほうがいいのかな…と感じていたり。
バリアングルでもエアギャップレス構造。ネジが多めにはっきりと見えるように付けられているあたり、
実用性能重視した造りになってる感じで好感持てます(^^)

えー、と不満に思ったのは新設のWi-FiボタンがWi-Fi機能とモニタ展開した時の自分撮り用ボタンにしかならない事。
一等地を独占したというのに、これではさすがに勿体ない仕様。
あとAF/AE-Lボタンとグリーンボタンの機能割り当てもK-S1と変わらずでISOなどの機能を割り振る事はできない。
ということでこの重要な位置を占める三つのボタンが自分の場合完全に遊んでしまうのがわかり、かなり萎えました。
フジも後からファームアップで機能割り当て増設なんてやってくれたんだから、その辺見習って対応して欲しいところ。

K-S2、イベント参加前は完全に心持ってかれるかな…と思ってましたが、逆に踏みとどまることができた(笑)



FUJIFILM X-T1/XF 35mm F1.4 R (+C-PL)

沈胴式の新薄型レンズ、DA18-50mmのカットモデル。
縮んだ状態の時にわきのボタンを押して、このように伸ばした状態にしてから使う事になります。
これ見ると使用時の状態ではレンズとレンズの間にかなりのスペースができてるんですね。
タッチ&トライでマウントから外して見たらプラマウントでしたが、接触面にWRのシーリングゴムが施してあるので
普通のプラマウントレンズよりは脱着に伴う磨耗も少なそうな感じ。
キットのDA-Lと単品売りバージョンの違いはHDコーティングがあるかどうかの差のみとのことで、自分は単品売りの
HDタイプだけとりあえず買おうかな~、なんて考えています。

あとはDFA150-450のカットモデルや、エアロブライトコーティングIIの技術展示、各種作例にオンラインストアの新グッズ展示、
などなど、今年のペンタブースは元気いっぱいでこれまでのCP+の時と比較しても賑わってましたね。
望遠系のレンズは新型のDFAズームも含め、ブース上段に設けられた三脚ボディ付のものでも試写する事ができるので、
これから行かれる方は是非お試しを。背面モニタの写りだけでもDFA☆70-200とDFA150-450の威力実感できるかと(ヤバイです(^^;)


催し・イベント・行事 | 【2015-02-13(Fri) 21:39:10】 | Comments:(2) | Trackback:(0)
コメント

フルサイズ気になりますよね。
買えるだけの資金ないですけど…。
DA18-50なら、なんとかなるかもしれないです。
2015-02-14 土 13:39:59 | URL | すえぞう #- [ 編集]

>すえぞうさん
値段は他社フルサイズとそう変わらないくらいに…とトークイベントの中で話が出てました。
早ければ秋ごろには出てくれるんですかね。
DA18-50mmは単体売りのものだと3万くらいでしょうか。
発売時期もK-S2キットとそう変わらないタイミングで出てくるかもしれませんね。
2015-02-14 土 22:00:15 | URL | みけ #pY.z5wAw [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
My Page
BLOGPEOPLE
PENTAX PEOPLE






↑PENTAX K-1、KP TBPに参加してます♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード