カレンダー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ +

2017年 10月 【11件】
2017年 09月 【29件】
2017年 08月 【13件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【14件】
2017年 05月 【29件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【31件】
2017年 01月 【26件】
2016年 12月 【14件】
2016年 11月 【20件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【31件】
2016年 08月 【25件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【33件】
2016年 05月 【39件】
2016年 04月 【31件】
2016年 03月 【34件】
2016年 02月 【31件】
2016年 01月 【28件】
2015年 12月 【25件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【24件】
2015年 09月 【21件】
2015年 08月 【14件】
2015年 07月 【17件】
2015年 06月 【23件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【11件】
2015年 03月 【26件】
2015年 02月 【23件】
2015年 01月 【22件】
2014年 12月 【37件】
2014年 11月 【29件】
2014年 10月 【30件】
2014年 09月 【17件】
2014年 08月 【17件】
2014年 07月 【23件】
2014年 06月 【23件】
2014年 05月 【27件】
2014年 04月 【24件】
2014年 03月 【22件】
2014年 02月 【30件】
2014年 01月 【15件】
2013年 12月 【21件】
2013年 11月 【28件】
2013年 10月 【16件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【8件】
2013年 07月 【8件】
2013年 06月 【15件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【11件】
2013年 03月 【10件】
2013年 02月 【10件】
2013年 01月 【2件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【14件】
2012年 10月 【12件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【26件】
2012年 02月 【15件】
2012年 01月 【3件】
2011年 12月 【8件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【15件】
2011年 09月 【5件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【7件】
2011年 05月 【14件】
2011年 04月 【17件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【12件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【2件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【16件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【25件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【13件】
2009年 12月 【12件】
2009年 11月 【20件】
2009年 10月 【21件】
2009年 09月 【21件】
2009年 08月 【18件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【16件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【28件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【20件】
2009年 01月 【3件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【7件】
2008年 10月 【6件】
2008年 09月 【5件】
2008年 08月 【18件】
2008年 07月 【5件】


それより以前は↓
★猫の目スチル(旧館)
(2004~2008)
カテゴリー
機材別カテゴリ
プロフィール

みけ

Author:みけ
FC2ブログへようこそ!

女体山頂~白雲橋コース

PENTAX K-3/HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR

筑波山、女体山頂の岩場から。
岩の上に乗ってる男性、向こう側は断崖絶壁で風であおられたら…と思うと凄く怖いんですが、よくできるなぁと(^^;


 








自分は岩のこちら側から恐る恐る覗き撮り。男体山の山肌。




女体山側は針葉樹が多くて紅葉はより少なめ。
ロープウェイもこうして見ると支柱との間がかなり距離が長くておっかないですね。




下山は山頂から白雲橋コースを辿って行きました。
下り始めはかなりの急峻な岩場。




巨岩、奇岩が見られるコース。
この「弁慶七戻り」は上の岩が今にも落っこちてきそう。







白雲橋コース、この写真はまだなだらかなほうですが、岩の段と木の根っこの連続が本当に延々と続く想像以上に険しい道でした。
膝に問題ある人はちょっと無理なレベルだと思う…。




鬱蒼とした針葉樹の森から明るく開けた道まで出てようやくホッと一息。
このコースは登りで利用したほうがまだ良さそうですね。岩場をガクンガクンと下り続けるのは結構骨が折れます。
でも今回初めて履いた新しいトレッキングシューズは足に合ってたおかげで疲れもそうでもなかった。
靴も買う時はいいかなと思っても、どこがアタって痛みが出たりとかは実際に長時間履いてみないとなかなかわかりにくいですね。

NATUREスナップ | 【2015-11-18(Wed) 23:51:47】 | Comments:(0) | Trackback:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
My Photo Album
BLOGPEOPLE
PENTAX PEOPLE






↑PENTAX K-1、KP TBPに参加してます♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード